交通事故後に生じた痺れ、その原因とは?【国分寺駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

一説に因れば、一生の内2人に1人は交通事故に遭遇すると言われています。車を運転する人にとって、決して他人ごとではありません。

実際交通事故に遭ってしまった方の中には、身体に不調を訴える人が多くいらっしゃいます。例として、頸部の痛みや手足の痺れ、感覚異常や、脱力感といった症状が挙げられます。乗車していたとしても、事故時は一瞬の間に計り知れないダメージが身体に襲い掛かります。特に後部から衝突された場合、予期せぬ衝撃ですので身構えられません。結果、身体へのダメージも相当大きなものとなるのです。バイクや自転車であれば目に見える形で怪我をしやすく、病院での治療も早期に始まります。ですが、車で事故に遭った場合は外傷が見られないこともあり、治療をせずに数日経ってしまうこともあります。しかし、目に見える怪我がないからと治療をせずにいるのは好ましくありません。というのも、人間の身体は足の先から頭の天辺まで、密集した骨によって支持されています。この骨が交通事故時の衝撃によって歪み、神経や筋肉の緊張を招くのです。身体の痺れの8割以上が、身体の歪みによって生じた神経圧迫が血流を妨げるためだと言われています。これが身体の感覚がぼやける、痺れ、脱力感といった症状の原因となります。

痺れの対処をせず放置すると、筋力低下や諸症状の慢性化を招きます。また、俊敏性などの身体性能が落ち、日常生活に障りが出る事態にもなりかねません。交通事故を引き金に症状が現れた場合、一日も早く治療に入る必要があります。事故時の衝撃で生じた歪みは、一か所ではなく身体全体を整えなければなりません。自分で行うストレッチなどでは改善が難しいものです。できる限り早く、整骨院等の専門機関で調べてももらうことが大切です。
なぜ身体の歪みの改善に、整骨院が有効なのかと疑問をのお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。交通事故で生じた身体の歪みは、身体の支柱となる骨盤や背骨のずれや歪みが原因となることが大半だからです。勿論、事故後には病院で検査を受け、脳や頚椎への損傷の有無を確認することが先決です。しかし、病院の検査で異常が見られなかったならば、身体の歪みが症状の原因の可能性が高まります。歪みを整える専門家である、整骨院で治療するのがおすすめです。

国分寺駅前整骨院では、交通事故の衝撃で生じた身体の歪みを手技により整えていきます。受傷からなるべく早く治療に入ることが、後遺症予防にも繋がります。交通事故に遭ってしまった際には、国分寺駅前整骨院までご相談ください。お待ちしております。