物騒事故と人身事故との違いとは?【国分寺駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

どんなに気を付けていても遭遇してしまう可能性がある交通事故ですが、主に物損事故と人身事故の2つに分けられます。

物損事故にあたる場合は、事故の対象が物や自動車等であって死傷者がいないことが条件です。人身事故は文字通り被害者に死傷者が出た場合のことを言います。
ここで知っておきたいことの一つが、被害者が負傷していた場合、原則としては人身事故として扱うということです。つまり、加害者は被害者側に補償する責任が生じるため、物損事故ではなく人身事故が適用されます。もし交通事故で負傷した際には治療を受けることになりますが、物損事故と人身事故とでは保険会社から支払われる金額にも違いが出てきます。最初の交通事故の処理の仕方を間違えないようにしたいものです。ですが、物損事故から人身事故へと処理を切り替えることも可能になっています。
例えば、交通事故に遭ったその日には目立った負傷がなく、物損事故として処理されたとします。ですが、翌日になって交通事故時の負傷と考えられる身体の痛みが出てきた場合には、すぐに医師の治療を受けましょう。医師に診断書を記入してもらい、警察署にその診断書を提出しますと現場での実況見分などが行われて人身事故へ切り替わることがあります。人身事故に切り替えできますと、保険会社から支払われる治療費にも影響してきます。
上記のような、後日になって身体に痛みが出てくるような事態はよくよくあるものです。ですから、事故当日身体に痛みがないような時でも、念のために病院で診察を受けて身体に異常がないかどうかを調べておくと安心です。

国分寺駅前整骨院では交通事故治療を行っております。上記のような事務的な面でも患者さまをサポートいたしますので、ぜひ一度ご相談ください。お待ちしております。