交通事故の被害者に!保険手続はどうすればいい?【国分寺駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

交通事故に遭った被害者は、外傷の有無にかかわらず病院にて医師の診察を受けることが必須となります。自覚症状がないからと放置していたところ、後日体調が悪化し後遺症が残るほど酷い状態になったという例もあります。ですから、多少手間に感じたとしても適切な治療を受けるようにしてください。

この際に問題となるのは、『誰が治療費を支払うのか』という点です。病院側としては、治療を受けに来た被害者を患者として対応します。つまり、一般的には被害者が病院に治療費を払い、その金額を立て替え分として加害者に請求する形となります。ですが、加害者側が任意保険に加入していた場合、保険会社から医療機関に治療費を払うという一括対応の手続きが生じます。このケースでは、被害者側が病院の窓口で治療費を立て替える必要がなくなります。そのため、被害者側の行動としては、まず相手に任意保険に加入しているか否かの確認を取ることが重要になってきます。加入しているのであれば、保険手続きをしてもらうように相談しましょう。
また、任意保険に加入していなくても、人身事故に対して最低限の損害填補を保障する自賠責保険もあります。こちらは法律上強制的に加入させられることから、上手く活用することが大切です。というのも、自賠責保険の仮渡金制度を利用すれば一括対応のように立て替え払いをすることもなくなるのです。ただし、任意保険の一括対応と一緒にすることはできません。もし仮渡金制度を利用した場合、その後に一括対応を再開するための手続きを必要とします。面倒な手間が増えるわりに、治療費には自己負担が発生するなどのデメリットも少なくありません。以上の理由から、現実的に仮渡金制度が使われることはほとんどありません。
自分で傷害保険に加入していれば、過失割合に関係なく適切な保険料が支払われます。こちらも忘れないようにしましょう。これらの保険手続きを効率よく行えるのなら、交通事故によるデメリットも少なくなります。ですが、その方法が上手くできない、あるいは考えるのが難しい場合は弁護士などに頼るのもひとつの方法です。

国分寺駅前整骨院では交通事故治療を行っております。保険会社から書類が送られてくるまで預り金(5000円)頂戴しておりますが、自賠責保険が適用される場合患者さまご自身の窓口負担はございません。預り金に関しましても書類が到着次第返金させていただきますのでご安心ください。交通事故の場合、他の医療機関と合わせての通院も可能です。ご不明、ご不安なな点がございましたらご相談ください。お待ちしております。