交通事故後の関節の痛みにお悩みでしたら、国分寺駅前整骨院までご相談ください!【国分寺駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

交通事故に遭遇した後で体に異常が起きてしまう事を後遺症や後遺障害と言います。
なかでも椎間板ヘルニアと脳障害、そしてむち打ち症は三大障害と呼ばれるほど有名です。事故の後遺症は発症するまで2日から3日ほど時間がかかる事が特徴的です。その理由は、交通事故という異常事態に精神と体が興奮して痛みに鈍感になるせいだと言われています。

そうした痛みや異常の仲間として挙げられる1つの症例は関節の痛みです。
本来であれば、脱臼や骨折など身体が無視できない異常なら事故直後に気付くものです。しかし、関節の痛みとなると軽度の関節痛と自己判断してしまう事が多々あります。例えば、三大障害の1つである椎間板ヘルニアの症状は背中の痛みや腰痛、腰周辺の違和感です。いわゆるギックリ腰と似た症状なので、事故直後は自他ともに判断できません。ですが、レントゲンやCTといった診察に特化した機械によって調べた結果、椎間板ヘルニアの診断が下るケースはあります。それは椎間板ヘルニアが椎間板という骨が強い衝撃によって正常な位置からズレ、身体の歪みを引き起こす原因となっているからです。椎間板ヘルニアになってしまったら、交通事故の治療としてレントゲンやCTの画像が必要になります。その理由は簡単で、警察や保険会社に椎間板ヘルニアと認めてもらうには神経に負担がかかっていると証明しなければならないからです。そのためレントゲンやCTの画像は勿論、同時に医師の診断書も必要になります。

その他、関節の痛みなら肩こりも挙げられます。
正確には、肩関節を動かしにくいという症状です。それは肩関節の周辺が炎症を起こしているせいですが、詳細な原因は分かっていません。それでも交通事故の後遺症として知られている症状です。肩の異常であればカルシウムが腱板に付着する事で激痛が走る石灰沈着性腱板炎や慢性的な痛みが伴う上腕二等筋腱鞘炎も交通事故後に起こる身体の異常として有名です。これらの症状の特徴は事故前にはなかった痛みである事が共通しています。

国分寺駅前整骨院では、交通事故後の関節の痛みの改善・解消をお手伝いしております。手技療法や電気治療器により、患者さまの身体の状態に合わせて施術を行っていきます。後遺症予防の為には、一日でも早く治療を開始することが重要です。交通事故後の関節の痛みにお悩みでしたら、ぜひ一度、国分寺駅前整骨院までご相談ください。お待ちしております。