交通事故に遭った!治療費で保険は使えるの?【国分寺駅前整骨院】

投稿日: #お知らせ

交通事故といっても、その状況や程度によって負傷の状態は様々です。一見して、即座に救急車を呼ばなければならないような大きな怪我がないケースもあります。しかし、交通事故遭遇後直ぐは人体は興奮状態にあるので、症状が自覚しにくくなっているだけの場合も珍しくありません。ある程度時間が経過して落ち着いてくると、痛みを自覚できるようになることも有り得ます。どれだけ小規模の事故であっても、突如襲った衝撃でダメージを負っています。中でもむち打ちは、交通事故では起こりやすい怪我と言っても過言ではありません。というのも、シートベルトで身体が固定されているため、無防備な頚や頭がまるで鞭のようにしなってしまい、ダメージを負いやすいからです。

交通事故による負傷は、10:0で相手に非があると認められれば、治療費は相手の保険会社から支払われます。条件によりますが、自分側の保険会社からも治療費が支払われるケースもあります。補償内容は各保険会社で異なるため、交通事故遭遇後は可及的速やかに保険会社の担当者まで連絡する必要があります。
この際気を付けなければいけないのが、話し合いの際に症状が何にもなかったとしてもそこで話を終了させないことです。その時点では何もなくても、2~3日経ってから痛みが出始める場合があります。また、症状が重度であれば暫く通院することになったり、入院を勧められることも有り得ます。もし補償に関する話し合いをせずに終了してしまうと、病院に行くことになっても治療費を負担してもらえない可能性もあります。ですから、医療費の支払いの件だけでなく、通院などで休業しなければならなくなった場合の補償の件も自分で交渉してください。本来であれば、このような内容もお互いの保険会社同士が行うものです。しかし、自らに非がない場合、自分側の保険会社は口を出してはくれません。自分自身で相手の保険会社とこのような交渉を行う必要が生じます。その場だけの対応をするのではなく、どこまで保険で負担してもらえるのかをしっかり確認してください。

もし交通事故による症状で病院に行く際には、相手の保険会社に何処の病院に行くのかを事前に伝えておきましょう。担当者の同意が得られれば、窓口での治療費負担なしで診察を受けられる場合もあります。