自転車での交通事故、症状が無くとも病院へ!【国分寺駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

交通事故に遭遇したら、直後は症状が軽度であったとしても、直ぐ病院で検査を受けましょう。医師から診断をもらえば、その後の対応は勿論、相手や保険などの関係から費用面も分かりやすくなります。

近年増加傾向にあるのが自転車運転時の交通事故です。車や自転車同士との衝突だけでなく、歩行者への被害で加害者になる可能性も少なくありません。増加の背景には、スマートフォンなどを使いながら運転する『ながら運転』や、イヤホンを装着していたことで気付くのが遅くなったなどといった要因が考えられます。
自転車運転時の事故では、軽い衝突でも転倒の仕方によってはハンドルを握る高い位置から頭を強打することが有り得ます。頭蓋骨や脳などに負傷がないかの検査もしっかり受けましょう。自分にも非があるからと違和感を放っておくと、取り返しの付かない事態に陥る場合もあります。
治療期間は保険関係で定められていますが、改善状況を保険会社へ報告する必要があります。事故時の状況や怪我の状態によっては後遺症が出る可能性も捨てきれません。ですから、まだ通院を続けたい場合にも報告をすることはお互いにとって利点があります。
交通事故後、中には元々通院している整骨院や接骨院で治療をする方もいらっしゃいます。しかし、まずは後遺症が出てくる可能性も含め、整形外科のある病院で検査をしなくてはなりません。というのも、後遺障害診断書の作成は、整形外科でしかできないからです。

車相手の事故では自転車に乗っていることで目立った怪我が見られず、その場では痛みが無いから問題ないと判断してしまうかもしれません。ですが、事故後暫く経って身体に痛みなどの症状が出てくることは決して珍しいことではないのです。ムチ打ちやヘルニアなどを発症する恐れも十分あります。自己判断せずに病院へ直行し、必ず医師の診断を受けてください。そして、症状が特になくとも治療を受け、痛みなどが出た場合には即座に再検査を受けましょう。病院での治療費などは加害者への請求が可能なケースが多いため、領収書や診断書はしっかりと保管しておいてください。